links
categories
profile
オススメ&欲しいリスト
BBC Sessions
BBC Sessions (JUGEMレビュー »)
Led Zeppelin
ZEPが英BBCラジオでセッションした演奏が収録されているCD2枚組み。ZEPの凄さは、やはりライブ!プラントが叫び、つぶやき、歌う!ジミーが攻撃的かと思えば、情緒豊かなフレーズを奏でる!ジョーンズは決して埋没せずそれでいて他を引き立たせる実に心地よいベースを弾く!ボンゾは人間エンジンかと思うような爆音を出したかと思ったら、次の瞬間は趙極小音で繊細なタッチでリズムを刻む!すべてがヒリヒリと伝わってくる!
オススメ&欲しいリスト
MAXIMIZER~Decade of Evolution~
MAXIMIZER~Decade of Evolution~ (JUGEMレビュー »)
奥井雅美,影山ヒロノブ,きただにひろし,福山芳樹,松本梨香,遠藤正明,TOM KEANE,栗山善親,IKUO,安瀬聖
JAM Project最新にして最強のハードチューニングのアルバム!

 ライブ行ってきたぜ〜〜!!!!!

 捨て曲なしの奇跡の12曲。
オススメ&欲しいリスト
文庫版 三国志完結セット 全13巻+読本
文庫版 三国志完結セット 全13巻+読本 (JUGEMレビュー »)
北方 謙三
何といっても皆それぞれ違う格好よさを持っている。特に曹操の果敢さ、発想がすごすぎる!





 曹操・・・自分の周りの人間は服従か死か、その2種類しかない。同盟は絶対にしない。自らに力で大きくなる。





 そのほか劉備、孫権、諸葛亮、周 瑜、呂布と・・・男ではなく漢が乱世を大暴れする!!





 北方流・激・三国志!





 ・・・草原が燃えている・・・
オススメ&欲しいリスト
A QUARTER CENTURY OF REBELLION “世界的極悪集大成盤”
A QUARTER CENTURY OF REBELLION “世界的極悪集大成盤” (JUGEMレビュー »)
聖飢魔II
聖飢魔兇量抄覆離札襯侫ヴァー。



 今回はギターがルークとジェイルだから雰囲気も違う。
オススメ&欲しいリスト
水滸伝 一 曙光の章 (集英社文庫)
水滸伝 一 曙光の章 (集英社文庫) (JUGEMレビュー »)
北方謙三
圧倒的な面白さ!男なら漢になるために読め!!腐敗混濁した世を正すため、熱き志を持つ者共が梁山泊に集う!掲げる旗は「替天行道」すなわち、【天に替わって道を行うべし!】反逆の狼煙が上がる!
 
好きなもの&応援
北方謙三 大水滸


森博嗣 浮遊工作室


小川一水


JAM Project
Good Information !!
あなたにお届け 大切な一冊 ブックサービス


ブックオフオンライン【PC・携帯共通】


バンダイナムコエンターテインメント ララビットマーケット


                
smtwtfs
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
new entries
archives
recent comment
recent trackback
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
                

 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

体のあちこちが不調を訴えている・・・

ああ、腰が痛い、
首から肩にかけても痛い。

腰は、3年前くらいにやった配送関係の仕事で痛めたと思っている。
今はその仕事ではなくデスクワークだが、もうずっと慢性的に痛い。

どうにかならないものか・・・。

整骨院に逝いくも、根本的な治療にはなってなさそうだ・・・。

at 12:42, クロガネ, 雑記

comments(0), -

つながり

ここ最近、いろんなところでつながる、つながりというキーワードを聞くよね。

どこでもつながる
誰とでもつながれる

云々・・・。

ビジネスでも日常生活でもとにかく、つながる
押しだよな。
まるでつながってないと悪だと言わんばかりに。

みんな、そんなにまでして何かと繋がっていたいんだろうか?

確かに人は一人では生きていけない。
しかし、人は最小単位としては結局一人であって、
自分自身の事は自分自身で対処するしかないのだ。

とすると、あらゆるつながりから隔絶して、
自分ひとりで何か考えたり(あるいは何も考えなかったり)
夢中になれる娯楽に集中したほうが建設的なんじゃないか、と思ったりもするわけ。

私自身、スマホを忘れて外出することがたまにある。
そうなったら、「まあいいか・・・」と潔く諦め、
何にも縛られない、気にしなくて良い一日を満喫することにしている。

仕事で使うのでないなら、世の中そこまで緊急案件は発生しないであろう。
(もちろん、家族が病気とか、そういった事情を抱えている場合は別ですよ)

何が言いたいかというと、一日くらいネットにもラインにも電話にもSNSにも縛られない時を
持ったほうが良いんじゃない?それを容認できる生き方をしたいよな?ってこと。

なんてことをブログに書いてるクロガネも、毒されてるなぁ・・・と思ってる。
 

at 10:58, クロガネ, 雑記

comments(0), -

エフエフ

エフエフ1を今頃やってる!

PS3だとPlaystation Storeからアーカイヴスで買える。


戦士、黒魔、白魔、シーフでGO!!
今、ドワーフから情報を得てバンパイア討伐にいくとこ。

at 00:24, クロガネ, ゲーム

comments(0), -

死闘の末、散っていく漢たち

北方水滸伝15巻、ああ穆弘!!なんという壮絶な命のやり取りなのか!!

梁山泊本体の主力中核を指揮していた穆弘も禁軍の将軍、趙安との死闘の末、戦死!!
うぁぁぁぁ・・・・。

北方水滸伝15巻
 

at 14:07, クロガネ,

comments(0), -

北方謙三版水滸伝!!どえらい面白さ!脅威のスペクタクル小説!

北方水滸伝、面白すぎる!!

水滸伝(すいこでん)って名前くらいは知ってるけど・・・って人がほとんどだと思う。
クロガネもそうでした!

でも、北方先生のファンなので手にとってみたところ、もうね、相変わらずの北方先生っぷりの文章と、
キレのある濃い面々、グイグイ引き込まれまっせ!!

文庫本だから仕事の合間や電車の移動中の空き時間に読んでるけど、
すぐに15巻くらいまで来てしまった!

今のところお気に入りは、双鞭・呼延灼だな!

at 21:28, クロガネ,

comments(0), -

なんと

 久々に再開しますか。ブログ!!(爆)!!

facebookやMIXIは知り合いが分かるから疲れるのよ!


ここではいろいろ書ける!!

うんことどっこいしょ!!

at 21:11, クロガネ, 雑記

comments(0), -

超獣機神ダンク−ガ

 久々の更新である。


 先月は当ブログ、まったく更新できなかったわけだが、私はきちんと生きていた。案ずるなかれ。

 タイトルにあるように、今日は超獣機神ダンク−ガについて。

DANCOUGA 神の戦士03

 超獣機神ダンク−ガは1985年に放送されたTVアニメである。名前からだいたいわかるだろうが、スーパーロボットアニメ。

 私がこの作品を知ったのは、シミュレーションゲームのスーパーロボット大戦シリーズをプレイしたときだ。作品の存在自体は知っているが、原作を観ていなかったのだ。GEOの宅配レンタルで、セットになっていたので好機!と思い、この一月で視聴した。


 スーパーロボット大戦シリーズに登場しているダンクーガは、いわゆるボスキラーに相当するユニットで、その攻撃力の高さとスーパーロボット大戦における重要な要素である「気力」を挙げやすい、まさに大火力のスーパーロボットだった。武器も豊富で、戦闘エフェクトも派手で、数あるスーパーロボットの中でも大好きなユニットのひとつだった。

 それを期待して原作を観てみると・・・。

 ダンクーガがなかなか合体しない・・・。
 しかも、ほとんどがスクランブルがかかればその場所へ急行し、敵を迎撃するという局地戦ばかり・・・。
 合体してダンクーガがでてくるのは15話なので、それまではひたすら各々自分のマシーンで戦うわけだ。


 ストーリーを簡単に要約すると、
 
「ムゲ・ゾルバドス帝国を名乗る宇宙の侵略者達に地球を蹂躙される。連邦の正規軍もほとんど壊滅状態で機能しない状況に追い込まれる。そんな中、獣戦機隊という連邦軍の特殊部隊が結成される。
 獣戦機隊は人間の持つ闘争本能=野生のパワーを変換・増幅するマシーンに乗って戦う部隊。メンバーは4人。
 この4人を中心に物語りは描かれてゆく。獣戦機隊の力でムゲ・ゾルバドス帝国から地球を救うことができるのか・・・。」

 とまあ、こんな感じなんだが、ひたすらダラダラ局地戦が展開されるので、だんだん飽きてくる。


 かと思いきや、そうではなかった!
 忍や沙羅、雅人に亮、この獣戦機隊を構成するメンバーに加え、イゴール長官に葉月博士といった超個性的なメンバーにだんだん愛着が出てくる。
 
 そう、ダンクーガはロボットアニメではなく人間ドラマだったのだ!


藤原忍
 獣戦機隊のリーダーでイーグルファイターの搭乗者。「やぁってやるぜ!」が口癖。口は悪く、沙羅や亮、イゴールといつもぶつかっているが心根は優しい。

  忍07 忍06 忍08 忍03 


結城沙羅
 忍の次に獣戦機隊に入隊。仕官学校時代には上官のシャピロと恋仲だったが、シャピロが地球を裏切り、ムゲ・ゾルバドス側についたため愛と憎しみを心に抱いて戦うランドクーガーの搭乗者。男勝りな性格で忍とよく対立しているが、次第に互いを認め合うようになる。白兵戦、爆弾解除、潜入捜査、自動車・二輪車運転など他の隊員と全くひけをとらない。

沙羅01 沙羅03 沙羅04 沙羅06


式部雅人
 女性を片っ端から口説くお調子ものの少年。ランドライガーの搭乗者。気弱な台詞を吐くことが多いが、そのたびに忍と沙羅から叱咤されていた。

雅人01 雅人04 雅人03 雅人06


司馬亮
 最後に来た男。中国拳法を取得し、よく瞑想しているビッグ・モスのパイロット。他の熱しやすいメンバーと違い、常に冷静に状況や戦局をうかがう。人型に変形したビッグ・モスは亮の拳法の動きをトレースし、戦うといった場面があった。(Gガンダムのモビルトレースシステムと同じやんけ!でもこっちが先だな)

亮02 亮03 亮05 亮07

 

 この4人のほかにも何かあるとすぐに鉄拳制裁を喰らわす上官・イゴール将軍やいつも「危険だ!それ以上は・・・」というようなことばかり言っている葉月博士、ロリキャラのローラ・サリバンといった面子が獣戦機隊基地にいるわけだ。

イゴール02 ローラ01 
 
 
 この作品の見所はやはりロボットの戦闘よりも人間関係。こっちに注目してみたほうが楽しめると思う。ロボット戦闘シーンはわりと単調だからだ。
 人間関係といえばまずは沙羅とシャピロ。二人は恋仲だったが、シャピロは野心が大きすぎた男だった。自ら神になろうとするためにムゲ・ゾルバドス側へ就く。自分を置いていったシャピロへの憎しみと、愛の間で揺れ動く沙羅が戦いにどう対処していくか、心の整理をするかが描かれている回は面白い。
 
 他にも雅人と上官のエピソード、亮と、亮が負傷した際に看病した娘とのエピソード、イゴール将軍と忍そしてイゴールの息子アランの互いに反目しているようで認めている関係、などはスーパーロボットアニメでは珍しいほどリアルな人間模様だ。

アラン02 獣戦機隊01 葉月01

 イゴール将軍にいたっては、普段はとにかく厳しく獣戦機隊に指令を出す長官であるが、獣戦機隊基地が襲撃された際、基地に残っていたローラを、自らの命をかけて助けに行く。
 敵の襲撃によってイゴールは戦死してしまうが、後に録画で「私は諸君らを選んだことを誇りに思う。」と最後の作戦に出る前の獣戦機隊メンバーを激励し、すかさず忍が「俺たちの頑固親父に敬礼!!」とするシーンには熱いものを感じさせる!!

敬礼!!



 この他にも個人的にこの作品が好きなところは、サブタイトルのネーミングがなぜか気に入ったものが多い。雰囲気だけだが、ヘヴィメタルの曲やアルバム名などにありそうだからだ(特に英語のほう)。
 
 たとえば「第1話 帝国の野望(Empire's Desire)」、「第6話 戦場の聖少女(Maiden in the battlefield)」、「第13話 裏切りの町(Betray town)」、「第21話 降りてきた死神(The first contact)」、「第35話 月は地獄だ!!(Moon is hell)」などなど。
 なんかこんな曲ありそうだし(笑)。

 
 
 そして、結城沙羅は本当にかわいい!80年代ロボットものに出てくる女の子はなんかやっぱり味がある。まあ、作品の性質上固定で出てくる女性キャラクターそのものが沙羅とローラ、あとゾルバドス側のルーナしかいないってのもあるだろうが、それを差し引いても沙羅最高だ!

沙羅ローラ 沙羅12

 物語の終わりもスーパーロボットものらしからぬ、終わり方。いわゆる、やったぜ!地球に平和がもどった〜!ハッピー♪な終わりではないわけだ・・・。

 OVA「失われた者たちへの鎮魂歌(レクイエム) Requiem for Victims」でムゲ・ゾルバドス帝王を撃破するが、ダンクーガも大破し、他の3人が気絶し宇宙空間をさまよっている中、沙羅がつぶやく。

「ねえ、ねえあたし達闘いに勝ったのかしら・・・。ふんっ・・そうはみえないねぇ私には・・・。だってそうだろう?こんな・・・こんなふうにボロボロになって・・・何もかも奪われちまって・・・。それで・・・どうして勝ったなんて言えるのさ・・・。確かに地球は救えたかもしれない。悪魔の手からね・・・。でもさ・・・あたし達むなしすぎるよ。違うかい?ねえ・・・ねえ忍・・・、亮・・・雅人・・・ねえみんな・・・聞こえないのかい?返事をしておくれよ・・・。」

神の戦士00



 このセリフの後、ガンドール(ダンクーガの母艦)が到着し、母艦の「ダンクーガ接近」というアナウンスの後、獣戦機隊4人がコクピットで気絶している(寝ている?)ところを最後にエンディングに突入するわけだ・・・。 無事4人は母艦に回収されたことを示唆する演出がニクイ。

  とまあ、こんな感じでいつものように中途半端な紹介で終わりだ。気になったら自分で作品を観てくれればよろし。

 以下、適当に画像をならべとく。

神の戦士01 神の戦士02 獣戦機隊03 デスガイヤー03 ヘルマット01 ギルドローム01 ムゲ01 ムゲ03 獣戦機隊 獣戦機隊02 シャピロ03 雅人02 断空剣01 断空剣04 断空剣03 断空剣02

神の戦士04





at 18:14, クロガネ, アニメ

comments(0), -