links
categories
profile
オススメ&欲しいリスト
BBC Sessions
BBC Sessions (JUGEMレビュー »)
Led Zeppelin
ZEPが英BBCラジオでセッションした演奏が収録されているCD2枚組み。ZEPの凄さは、やはりライブ!プラントが叫び、つぶやき、歌う!ジミーが攻撃的かと思えば、情緒豊かなフレーズを奏でる!ジョーンズは決して埋没せずそれでいて他を引き立たせる実に心地よいベースを弾く!ボンゾは人間エンジンかと思うような爆音を出したかと思ったら、次の瞬間は趙極小音で繊細なタッチでリズムを刻む!すべてがヒリヒリと伝わってくる!
オススメ&欲しいリスト
MAXIMIZER~Decade of Evolution~
MAXIMIZER~Decade of Evolution~ (JUGEMレビュー »)
奥井雅美,影山ヒロノブ,きただにひろし,福山芳樹,松本梨香,遠藤正明,TOM KEANE,栗山善親,IKUO,安瀬聖
JAM Project最新にして最強のハードチューニングのアルバム!

 ライブ行ってきたぜ〜〜!!!!!

 捨て曲なしの奇跡の12曲。
オススメ&欲しいリスト
文庫版 三国志完結セット 全13巻+読本
文庫版 三国志完結セット 全13巻+読本 (JUGEMレビュー »)
北方 謙三
何といっても皆それぞれ違う格好よさを持っている。特に曹操の果敢さ、発想がすごすぎる!





 曹操・・・自分の周りの人間は服従か死か、その2種類しかない。同盟は絶対にしない。自らに力で大きくなる。





 そのほか劉備、孫権、諸葛亮、周 瑜、呂布と・・・男ではなく漢が乱世を大暴れする!!





 北方流・激・三国志!





 ・・・草原が燃えている・・・
オススメ&欲しいリスト
A QUARTER CENTURY OF REBELLION “世界的極悪集大成盤”
A QUARTER CENTURY OF REBELLION “世界的極悪集大成盤” (JUGEMレビュー »)
聖飢魔II
聖飢魔兇量抄覆離札襯侫ヴァー。



 今回はギターがルークとジェイルだから雰囲気も違う。
オススメ&欲しいリスト
水滸伝 一 曙光の章 (集英社文庫)
水滸伝 一 曙光の章 (集英社文庫) (JUGEMレビュー »)
北方謙三
圧倒的な面白さ!男なら漢になるために読め!!腐敗混濁した世を正すため、熱き志を持つ者共が梁山泊に集う!掲げる旗は「替天行道」すなわち、【天に替わって道を行うべし!】反逆の狼煙が上がる!
 
好きなもの&応援
北方謙三 大水滸


森博嗣 浮遊工作室


小川一水


JAM Project
Good Information !!
あなたにお届け 大切な一冊 ブックサービス


ブックオフオンライン【PC・携帯共通】


バンダイナムコエンターテインメント ララビットマーケット


                
smtwtfs
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
new entries
archives
recent comment
recent trackback
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
                

 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

エフエフ

エフエフ1を今頃やってる!

PS3だとPlaystation Storeからアーカイヴスで買える。


戦士、黒魔、白魔、シーフでGO!!
今、ドワーフから情報を得てバンパイア討伐にいくとこ。

at 00:24, クロガネ, ゲーム

comments(0), -

Parasite EVE 新作 〜The 3rd Birthday〜

 Parasite EVE・・・瀬名秀明原作のサイエンスミステリー小説。そして、同名のゲームソフト。

 ゲームソフトのほうは1998年、SQUARE(現SQUARE ENIX)よりPSソフトとして発売されている。当時、この第1作目はPS最高峰のグラフィックスに加え、バハムート・ラグーンLIVE A LIVEのBGMを手がけた下村陽子の暗く硬質なサウンド、煌びやかなニューヨークで起こるおぞましい事件、それを追う美しき女刑事主人公アヤ・ブレア、これらの要素が私を強く魅了し、夢中でプレイしたものだ。ちなみにサントラは今でもたまに聴くし。

AYA BREA P・E 1

 第2作も1999年二発売された。こちらは、前作とは変わってバイオハザードに近いアクションに比重が置かれている。私クロガネは実はバイオハザードにように十字キーを左に押したら体を左に向けるだけの・・・あの操作ができなくて、バイオハザード挫折した若輩者なのだ・・・。
 だからこのParasite EVE2も操作できなくて挫折・・・。無念・・・。

AYA BREA P・E 2

 
 そしてこれ以降、続編の噂はあったもののPS2が発売されてもParasite EVEシリーズは発売されることはなかった・・・・。


 しかし、2008年ようやく新作The 3rd Bithdayが発表された。そして、本日サイトのほうをチェックしてみると、トレーラームービーが観れる!

 トレーラー観ると、第1作から流れているメインテーマのメロディーがそのまま使われてて感動した!グラフィックも凄い。やってみたいと思うと同時に、前作、前前作をまたやりたくなったぞ。

 
 今回の主人公は前作、前前作と同じアヤ・ブレアだが、若干幼くなった印象を受ける。世界観も随分異なるようだ。


AYA BREA P・E 3 

 プラットフォームがPSPって事が唯一残念だなぁ・・・。
 だって、あんなちっちゃい画面でちまちまゲームなんてできるかよ!
 
 PS3だったら買ってた。間違いなく。

    

at 01:06, クロガネ, ゲーム

comments(0), -

やりたい

 
 これ、やりたい!

 昨今高画質、フルHDと騒がれている中であえてファミコンと同じ画質の2Dのポリゴン新作を出してくるあたり、カプコンはさすがだ!

 ロックマンシリーズは小学生の頃に相当遊んだゲーム。友人の家で固まって皆で攻略したのは良い思い出だ。

 このゲームはマリオに代表されるようなアクションゲームだが、キャラクターデザインの可愛さと反比例するほどのストイックな難易度とBGMによって、いわゆる男の子は夢中になったもんだ。

 



そのロックマンシリーズも色々な派生作品が生まれてきたが、このロックマン10は正当なシリーズの新作。

 このPVをみると、ゲームって本当に画質より内容だよなぁと思わされる。音楽も相変わらず当時のテイストまんまで素晴らしい!!


 これはPS3を手に入れたらぜひやりたいな!


 

at 03:21, クロガネ, ゲーム

comments(1), -

ジルオール・インフィニットがおもしろい!

  人は人生という荒波を生きる冒険者である。

 またまた今更すぎるネタだが、PS2ゲームであるジルオール・インフィニットを細々とはじめた。名も無き冒険者が主人公で、ギルドでの仕事の依頼をこなしながら成長してゆくRPG。

 昨今、一本道プレイに特化したレール・プレイング・ゲーム 、というジャンルがあるようだが、ジルオールは正真正銘、自由度全開のRPG。
 
 だって今のところ適当にギルドの仕事請け負ってるだけだし、冒険の最終目的なども全然わからん状態だし・・・。

 しかし、以外に楽しい。
 そう、この先何が起きるか皆目分らないし、成長する=強くなればなるほど未知の場所に行けたり、新しい人に出会ったりできるからだ。RPGの醍醐味ってこれだよな?未知への挑戦と探求が、我々冒険者を駆り立ててやまないのだ!!

 
 戦闘はオーソドックスなターン制バトル。仕事を達成するごとにソウルポイントをもらえる。ソウルとはジョブのようなもので、ソウルごとに習得できるスキルが決まっている。沢山仕事をすれば、より強力なソウルを宿すことができ、結果強力なスキルを身につけていける。

 街中ではどこでもセーブができるのも、社会人には嬉しい仕様。気軽にいける。

 そんな感じで、だらだら冒険したい人にはうってつけのRPG。

  

at 23:44, クロガネ, ゲーム

comments(0), -

アオイシロ 攻略完了!

  和風伝奇アドベンチャーゲームアオイシロ、完全攻略終了!!

 アオイシロは2004年に発売された前作アカイイトのコンセプトを同じくした新作、といっても発売は去年の4月頃だが。

 ほぼ1年遅れで攻略し始め、細々と暇を見つけてやる程度だったので、今頃までかかってしまった。


「アオイシロ」応援バナー

 
 本作の特徴はなんと言っても少女視点で描かれる様々なエピソード。和風伝奇アドベンチャーとあるように、古来日本の神話や歴史に関係する要素がストーリーの随所に盛り込まれ、妖怪や鬼と遭遇するといった非日常を、プレイヤーは主人公である小山内梢子を通じて体験するのだ。

 本作、アオイシロは青城女学院剣道部の面々が遠く離れた南の海へ合宿に来たところから始まる。主人公の小山内梢子は剣道部の部長である。
 梢子は初めて訪れたその地になぜか見覚えがある。そこで彼女は何と出会い、何を知るのだろうか・・・・?
 その地に伝わる秘祭の謎と伝承、自分の記憶の断片、不可思議なる者との出会い、全てはこの地で、梢子は体験することになる。


 ゲームは非常に丁寧に創られていて、快適にプレイできた。特に、仕事が忙しい社会人でもこまめにセーブできるし、サウンドノベル形式の本作は自分のペースで進められる点がありがたい。

 途中、さまざまな選択肢が出てくるのだが、そこで選択した結果で結末が変わるシステムが採用されている。このシステム自体はさほど珍しくは無いが、選んだ選択肢でストーリーのどのルートを進んでいるかを随時確認できる分岐図が存在するので、どのルートを進んでいるのかすぐに分る。是のおかげで、全部のイベントを攻略したり、グラフィックを収集するのが楽になるのだ。

 キャラクターは全てフルボイス。声優さんも、ベテランから新人まで幅広い。特に、キャラクターのうち2人はオーディションによって選ばれた声優とのことだが、全く違和感なく聞けたので、これもポイント高し。ちなみに、主人公の小山内梢子はあの日高のり子さんだ。


 梢子の脇を固めるキャラクターも個性的で愛着がわく。剣道部のマネージャー、後輩、8年前行方をくらませた梢子の憧れの人、、浜辺に打ち上げられた少女、白髪隻眼の陰陽師・・・などなど。学校から遠くはなれた場所でさまざまで出来事が起こる。

 ちなみに私のお気に入りはやすみん(相沢保美)とコハクだ。やすみんはあのほんわか具合が良い。対するコハクは何百年と生きている鬼であり、その口調も古風な言い回しだが、これが格好よい。
 あと、常にハイテンションの後輩、百子(攻略できない人)もシビアなストーリーの中で息抜きができるキャラなので存在価値は大だ。

アオイシロ 和風少女伝奇譚

 
 本作はアカイイトの姉妹作ということで、選択肢によってはあっけなくバッドエンドへ行ってしまう。バッドエンドは大半が梢子死亡という酷いものだが、2~3行の文章のみで日本が消滅したとか、とんでもないものもある。
 さらに、ノーマルエンドというのもあり、こちらは幸せな結末にはならず、少し哀しい終わり方や、やり残したことがあるのに終わってしまうという消化不良気味のエンディング。
 ハッピーエンドは各キャラクター毎に1つずつしか用意されていない実質的なトゥルーエンドである。当然、トゥルーエンドにこぎつけるのは難しい。

 さらに全ての攻略対象キャラのルートをクリアした後に、大団円的なグランドルートを攻略できるようになり、こちらは全員そろって諸悪の根源(?)的な奴を倒しに行こうという熱血なノリで展開する。これは燃えた。各キャラクターを攻略すると終わりだったアカイイトには無い要素で、これは意表を突かれたし良かった。

 そして忘れてはいけないのが吸血シーン。このシリーズで、<>は特別な力を人外の者に与える、ということで梢子は色んな人(鬼)から血を吸われてしまう・・・。各吸血シーンは実に色っぽく描かれているのが見所(笑)。

 全てを攻略した後もさっぱりとした余韻を残してくれる本作アオイシロ。少し時間を置いたらまたやりたくなるだろうなぁという作品。
 ちなみに私が購入したのは限定版だったのでドラマCDが特典として付いていた。聴いてみるとほとんどが本編を補完するエピソードだった。保美、百子視点のものもある。

 このようにただ単に攻略するだけでなく終わったあとも心に残り、ふとしたことでやりたくなる作品はわりと少ない。

 誰にでもオススメというわえではないが百合に抵抗が無ければ、長い文章を読むのに抵抗が無ければやってみると良いだろう。PS2のサウンドノベル、アドベンチャーではかなりクオリティの高い方だと思う。何より、登場人物と作品そのものが醸し出す雰囲気皆魅力的なのだ。

〜むげんのなみは わだつみのこどう〜







 
 限定版⇒       廉価版⇒     Windows版⇒ 

<参考リンク>
・アオイシロ〜神秘的な伝奇物語と少女たちの恋愛に感じる妖しい魅力に悶えるべし!

at 23:47, クロガネ, ゲーム

comments(0), -

SKILL 〜史上空前最強Battle!!〜

 今更だが、第2次スーパーロボット大戦αをやりきった。 やりきった、と言うのは自分の納得いくまでプレイし尽くしたという意味。  

 このスーパーロボット大戦(スパロボ)シリーズは新旧様々なロボットアニメがごちゃ混ぜに登場し、世界を救う為に戦うというもの。

 一応、オリジナルの主人公が登場し、そいつらを中心にストーリーが進むわけだが、例えば主人公達が漂流しているところへ、Zガンダムの敵キャラにつかまったと思ったら、ダイターン3を中心とした一団に助けられ、一緒に作戦に参加したり・・・と、このように作品の枠を飛び越えて共闘してゆくのが醍醐味。  

 この手のゲームは原作を知っていれば当然楽しみが10倍にも100倍にも跳ね上がるが、知らなくても楽しめるので良い。  

地球の危機は俺達が守る!



 この第2次スーパーロボット大戦αは主人公が4チーム。攻撃・防御主体のスーパーロボットを操縦する男、女主人公を中心とした2チームと、命中・回避を重視したリアルロボットを操縦する男、女主人公を中心としたの2チームの計4チーム。  
 1回のプレイではこれらの中から1人、主人公を選び攻略してゆく。なので、通算4回プレイしないと全主人公でクリアしたことにならない。  ちなみに私は全主人公クリア+最も思い入れのあるアイビス(リアル系女主人公)でクリアしたので、計5周プレイした。

 本作は、前前作、前作のスーパーロボット大戦αスーパーロボット大戦α外伝と比べ、難易度は低く、ストーリーの盛り上がりも正直微妙だと思った。なぜならこれらの作品と比べ、壮大なスケールの敵がいなかったことが原因だろうと思う。あと、オリジナルの敵にも魅力ある奴らがいなかったし、結構好きだった魔装機神SRX(一部のキャラは出たが・・・)が出てこなかったのはイタイ。

 一応αシリーズをやった身なので今回も頑張った。まあ、第3次の結末を知りたいので、そのつなぎでプレイしたようなもの。

 しかし、今回は周回を重ねるごとに資金やスキルポイントを持ち越せるので、気に入った機体やキャラクターをガシガシ鍛えることができるのは、良い改良点だと思った。おかげで、5周目のアイビス編では、女パイロットしか使わない!という縛りプレイでも余裕でクリアすることができた。

 さらには、今までのシリーズではレベル99にすることは、ほぼ不可能だったが、今回はとある技を使用することで、それが可能となっている。
 今回は、これを利用してボス+ヌケ+ムチャの三人組をレベル99にしてマジンカイザーに搭乗させた。結果は、べらぼうに強く、甲児や鉄矢がお蔵入りに・・・。

 このように、自分の好きなプレイスタイルを貫けるのも、スパロボの魅力。

 そして、忘れてはいけないのがテーマソング。スパロボα外伝から、テーマソングがつくようになったが、今回もあのJAM PROJECTの面々が熱唱してくれている。しかも、JAMのライブではほぼ必ずアンコール後のライブの締めに持ってくる名曲中の名曲SKILLが本作のテーマ。

SKILL

 本当に燃えまくれるテーマ曲で、某動画サイトにはこの曲を使ったMAD(二次創作動画)もけっこうあった。なかでもこちらは凄い。これだからスパロボはやめられん!
 この曲のおかげでJAMのライブにもいつか必ず行こうと思った。

 というわけで、気になるところはあったにせよ、総じてに色々楽しめた良作ソフトということで落ち着いた。

at 01:34, クロガネ, ゲーム

comments(0), -

BLOOD DRUNK

 アカイイト、ようやく全てのエンディングを見ることが出来た!!ヤッター!!
 そもそもこのゲーム、2004年の作品でその頃買って、たま〜〜にちょこっとプレイして放置、ちょこっとプレイして放置・・・・とやってるとあっという間に4年も経っていた・・・。時間とはあな恐ろしきかな。
 
 さて、この物語は贄(にえ)の血と呼ばれる、人外の者に強力な力を与える血をもつ少女、羽藤桂の物語である。
 その血故に、人外の者に狙われる桂。しかしそれ故の出会いもまた桂にとっても特別であった。
 人外の者=鬼を斬る事を生業とする千羽烏月、桂の昔ながらの付き合いでただならぬバイタリティを持つ浅間サクヤ、桂の父親の実家に住み着いていた若杉葛、桂の夢にでてくるユメイ、そして桂の贄の血を狙う双子の鬼であるノゾミ・ミカゲ。
 桂の封じられた過去、連綿と続く鬼と人との関わり、父の死の本当の原因・・・様々な物事の謎を解く鍵がここ、経見塚(へみづか)にはある。

               「アカイイト」応援バナー

 まず、このゲームPS2のゲーム。ジャンルは小説を読んでいく感じのもの。音声とBGMが入ったサウンドノベルと言ったほうが的確か。ところどころに選択肢があり、それによって結末が変わるオーソドックスなタイプ。システムはわりとストレスなくプレイできる作りになっている。一度通過したルートのセリフは早送り可能。
 ストーリーは、お子様向けではない。基本的に桂の血は相当重宝されるので、吸血シーンが多い。この吸血シーンが絵とセリフと相まってなんともエロい。やらしいのではなく、エロい。それ以外には過去に迫るエピソード、鬼と白熱のバトルを繰り広げる戦闘シーン(もちろん実際にコマンド入れたりするのではなく、セリフと絵と音のみで再現される)、などがある。
 
 あと難易度、これは非常に高い。全32エンディングの半分近くがBAD ENDで桂が死ぬ。真のエンドはわずか5つ。これが私がやっては放置、やっては放置を繰り返していた原因である。攻略情報を見ないと真のエンディングにはまず辿り着けない難易度だ。しかも特定のエンディングを見ないと到達できないエンディングもあり、やり応えは十分だった。
 何度も何度もプレイしていると自然にキャラクターに愛着も湧いてくる。しかしこう何度もプレイできるのは声優さんもBGMも良かったからだと思う。相当クオリティ高い作品だと思った。
                                  ゆーねーちゃん

 ふと、やりたくなる・・・そんなゲーム。しかも過去のセーブデータを見ると、2006年9月・・・2007年9月・・・そして今・・・というように一律に9月にやってたのが自分でも不思議だった。本当に偶然でだ。夏が過ぎて涼しくなる頃にはちょうど良い雰囲気を持っているってことかな。
 
        とにかく幻想的で切なく、妖しく美しい話だった。

おまけ・・・PV

at 04:32, クロガネ, ゲーム

comments(0), -

GUN-KATANA 完全攻略完了!!

PCゲームGUN-KATANA6月末からひたすらやり込んだこのゲーム、ついに完全攻略達成!

                    我に断てぬもの無し!
 
 全エンディング制覇はもちろん、グラフィック、シーン、勲章もオールコンプリートだ!
 き、きつかった〜〜!!!しかし、存分に楽しめたよ。

 ここまで本格的にのめりこんだPCゲームは初めてだな。賛否両論のFPSシーン、クロガネは実に楽しめた。
 このゲーム、特に初回プレイ(一周目)は物凄く厳しい。装備も弱いし、姫菜自身のスキルレベルも低いからそこそこの難易度。
 シーンによってはいきなり300体近くの敵の群れのど真ん中からスタートしたりするので、とにかく後ろを取られないように移動したり、使う武器を考えたりと戦略的に動く必要があるのだ。
 しかしどうしても難しくて、ある一定数ゲームオーバーになると主人公の防御力が上がる措置をとることが出来る。まあ、この辺の初心者救済措置もなかなかのもの。クロガネは意地でも使わなかったが。

 一見きつそうなゲームだが周回を重ねると装備は10個(銃、刀、鎧などあわせて)持ち越しでスキルはそのまま継承、スコアは全システムデータの最大値を持ち越せるので、周回を重ねるごとに楽になるのだ。
 また、かなりのエンディングのパターンがあるため全部見ようと思ったら必然的に10周以上はプレイするはず。
 そして強くなればなったで、それまで慎重に戦っていたのとは違って敵陣の真ん中に突撃をかけることも出来るようになる。群がる大群に単身突っ込んで大暴れ!・・・・あれっ?!どっかのゲームのシチュエーションと似てないか?と思うのは置いといて(笑)、とにかく爽快感が凄まじい!

 刀ぶん回して突っ込むのもよし、両手にマシンガンとロケットランチャー持って弾を撃ちながら走り続けるという超人業もスキルが上がれば可能なのでそれもよし!というまさにサーチ&デストロイを体感できる!

 ストーリーもこの手のジャンルには珍しい女主人公視点。まあ、切ないシーンもあればひどいシーンもある、燃える展開もあるで私個人的には好きな感じだったな。でももしかすると女性用ハードヴァイオレンス&アクションゲームで売り出したほうが売れたかも?と思うのは私だけだろうか?(もちろん要エロ&グロ耐性だけど)

 さて、それはさておき漸く、漸く一段落。
 後はのんびり限定版特典の付録Disk「追憶編」でもやることにする。
 
 続編出ね〜かな〜・・・・。

                 自由は与えられるものじゃない。選択すること・・・・

---------------------------------------------------------------------------
<GUN-KATANA攻略Wikiの補足>
 たいていのことは攻略Wikiを見ればOKだが、クロガネが分かりにくかった箇所を補足。一応ネタバレのため、文字反転しときます。見たい人は反転だ!
 
・勲章スクラッパー(99,999個スクラップをつくった)
 Wiki上ではセーブ&ロードで可能、と書いてあるが、意味を理解するのに時間がかかった。(読解力たりね〜・・・。)
 これは、単純に『スクラップをつくった』という事実をゲーム全体に共有しているシステムデータに認識させれば良いのだ。つまり、Aというセーブデータを作る。そして、スクラップを○○個作る。そしてそれをBとしてセーブする(もしかするとセーブの必要はないかもしれない。未確認)。再びAをロード。同じくスクラップを○○個作る。結果、システムデータ上ではAでつくったスクラップ○○個+Aをロードして再びつくったスクラップ○○個という計算になる。
 よって、クロガネは全武器をそろえた上でNEW GAMEを開始。高効率のスクラップ化可能な武器10個を持ち込んで全部をスクラップ化。これだけで3700個以上にスクラップが生成可能。これを上述した方法でセーブとロードを繰り返す。すると、約30回この作業を繰り返したところで勲章をゲットできた。

 NEW GAME(スクラップ生成前のデータ)⇒スクラップ化⇒スクラップ化前のデータをロード⇒スクラップ化・・・・・・の繰り返し!

・あと見落としがちなのはブレードコレクターを取得する際の刀で、Executioners Swordという刀。これは、
 「ジュスティーヌを見殺し」⇒「崎矢陀の誘いを受ける(ねぐらへ来ないか?は断る)」⇒「14棟で崎矢陀に勝つ」⇒「寝る」⇒「三柴の誘いを断る」⇒「灯台よりラビリンスに侵入」経路でないと手に入らない。
 
 そんなところかな。お宝探しは里中に1280個スクラップを渡せばもらえるプラグインUltimateか、プラグインTreasureでくまなく拾おう。

・ウォーカー系勲章はWikiに書いてある見落としがちな場所を特に注意して歩けばOK。クロガネは第2世代戦の場所、百段橋、14棟が抜けてた。全部廻ったと思ってこの箇所を再チェックしてみるとビンゴだった!

 とりあえずこんなところ。皆頑張れ。GUN-KATANA面白かったよな?続編に期待しよう〜ぜ!

at 15:36, クロガネ, ゲーム

comments(0), -