links
categories
profile
オススメ&欲しいリスト
BBC Sessions
BBC Sessions (JUGEMレビュー »)
Led Zeppelin
ZEPが英BBCラジオでセッションした演奏が収録されているCD2枚組み。ZEPの凄さは、やはりライブ!プラントが叫び、つぶやき、歌う!ジミーが攻撃的かと思えば、情緒豊かなフレーズを奏でる!ジョーンズは決して埋没せずそれでいて他を引き立たせる実に心地よいベースを弾く!ボンゾは人間エンジンかと思うような爆音を出したかと思ったら、次の瞬間は趙極小音で繊細なタッチでリズムを刻む!すべてがヒリヒリと伝わってくる!
オススメ&欲しいリスト
MAXIMIZER~Decade of Evolution~
MAXIMIZER~Decade of Evolution~ (JUGEMレビュー »)
奥井雅美,影山ヒロノブ,きただにひろし,福山芳樹,松本梨香,遠藤正明,TOM KEANE,栗山善親,IKUO,安瀬聖
JAM Project最新にして最強のハードチューニングのアルバム!

 ライブ行ってきたぜ〜〜!!!!!

 捨て曲なしの奇跡の12曲。
オススメ&欲しいリスト
文庫版 三国志完結セット 全13巻+読本
文庫版 三国志完結セット 全13巻+読本 (JUGEMレビュー »)
北方 謙三
何といっても皆それぞれ違う格好よさを持っている。特に曹操の果敢さ、発想がすごすぎる!





 曹操・・・自分の周りの人間は服従か死か、その2種類しかない。同盟は絶対にしない。自らに力で大きくなる。





 そのほか劉備、孫権、諸葛亮、周 瑜、呂布と・・・男ではなく漢が乱世を大暴れする!!





 北方流・激・三国志!





 ・・・草原が燃えている・・・
オススメ&欲しいリスト
A QUARTER CENTURY OF REBELLION “世界的極悪集大成盤”
A QUARTER CENTURY OF REBELLION “世界的極悪集大成盤” (JUGEMレビュー »)
聖飢魔II
聖飢魔兇量抄覆離札襯侫ヴァー。



 今回はギターがルークとジェイルだから雰囲気も違う。
オススメ&欲しいリスト
水滸伝 一 曙光の章 (集英社文庫)
水滸伝 一 曙光の章 (集英社文庫) (JUGEMレビュー »)
北方謙三
圧倒的な面白さ!男なら漢になるために読め!!腐敗混濁した世を正すため、熱き志を持つ者共が梁山泊に集う!掲げる旗は「替天行道」すなわち、【天に替わって道を行うべし!】反逆の狼煙が上がる!
 
好きなもの&応援
北方謙三 大水滸


森博嗣 浮遊工作室


小川一水


JAM Project
Good Information !!
あなたにお届け 大切な一冊 ブックサービス


ブックオフオンライン【PC・携帯共通】


バンダイナムコエンターテインメント ララビットマーケット


                
smtwtfs
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
new entries
archives
recent comment
recent trackback
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
                

 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

〜圧縮〜マルドドゥック・スクランブル 

  大はまりした冲方 丁の小説マルドゥックスクランブルついにアニメーション映画化!!一度製作中止発表になったので、もうだめだ・・・と思っていたのにまさかこのタイミングで来るとは!


Mardock Scramble ~The First Compression~



 大いに期待したい!しかし、小説の完成度が高すぎたので、これはこれで別の作品だと思って観るくらいの気持ちでいよう。

 というか、今年の冲方 丁はどうした?というくらい新規プロジェクトが目白押しではないか!

 まず、このマルドlックの映画化に加え、蒼穹のファフナーの新作、漫画家の野口賢とのサンクチュアリ、冲方 丁自身の作品などなど・・・。野口賢に関しては、漫画KUROZUKA-黒塚-が個人的にちょっと気に入ったのでこれも気になるのだ!

 なんにしてもこれで今年の楽しみが広がった!




 ああ、東のエデン第2部Paradise Lostも観にいかねば!

at 23:01, クロガネ, TV・映画

comments(0), -

The King Of Eden

 東のエデン劇場版第1部-The King Of Eden-を観てきた。


東のエデン


 
 東のエデンは攻殻機動隊Stand Alone ComplexのProduction IG、神山健治監督のオリジナルアニメーション。
 本劇場版はテレビ放送版の後日談となる。とはいえ、テレビ放送の中で物語は完結しておらず、内容もそのつづきとなるため、テレビ放送版を観てからでないと分らないだろうな・・・と思った。

 
 森見咲は、ワシントンを旅行中に滝沢朗という少年に出会う。
 咲と朗は紆余曲折の末、滝沢朗はセレソンのうちの一人であり、自分で記憶を消していたことが分かる。

滝沢朗

    
 12人の選ばれし者達・・・セレソン。専用の携帯電話であるノブレス携帯と100億円を与えられた者達。ミスターアウトサイドを名乗る者より、強制的にゲームに参加させられた者達。

 ミスターアウトサイドの言うゲームとは、各12人のセレソンには「この国をより良い方向に導くように」という指令が下っている。ミスターアウトサイドが思い描く「国の行く末の良い方向」とは謎だが、セレソン達は各々で目的を達成せねばならない。
 セレソンが持つノブレス携帯は、一般人よりも大きく優位に立てる100億円の電子マネー入りの携帯電話。ただ100億円入っているのではなく、ジュイスという専任AIコンシェルジュが応対し各セレソンの要望を吟味・提案・遂行してくれるという優れもの。

 しかし、セレソン達はその反面厳しいペナルティも用意されている。目的を達成せず100億円を使いきれば、サポーターと呼ばれる存在に消されてしまう(消されるのは命そのものか記憶なのか今のところ不明)。
 されには、自分の私腹を肥やす為に金を使いすぎてもだめ。セレソンとして不適格な行動をとり続けてもだめ。
 そして、12人のセレソンのうち一人でも目的を達成した者が出れば、他のセレソンも消されてしまう。

 このような条件下でセレソン達は各々の願い・野望のために情報戦を仕掛ける!!

 セレソン達の陰謀が渦巻く中、記憶をなくした滝沢、滝沢を気にかける咲、そして日本・・・どうなtっていくのか・・・?

 という現在の社会のほんの少し先の未来を描いたような作品。情報化社会の中で、人はいかに情報を使っているのか、また情報に踊らされているのかが分って恐い部分もある。
 今の日本の閉塞した空気、世界情勢こういった時代の空気を反映しつつも決して絶望的な気分にならない作品は珍しい。多くの人が楽しめると思うが、社会人ならなおさら面白いだろう。


 劇場版の内容は先述の通り完全にテレビ放送の内容に続く形であるため、全部で11話あるテレビ版を観てからのほうが良い。
 
 個人的にニヤリとさせられるのは、やはりセレソン同士の攻防戦。攻防戦と言っても物理的に接触することはほとんど無く、全てノブレス携帯と東のエデンシステムなどのネットワークを駆使した情報戦だ。このあたりの描写は攻殻機動隊の製作会社だけあって、うまいな〜と思った。

滝沢と咲ちゃん
 

 主人公であり、セレソンNo.9のノブレス携帯を持ち滝沢朗を名乗る少年、政界・官僚と繋がっているセレソンNo.1、何を考えているのか分らないセレソンNo.6、正体不明のセレソンNo.12・・・戦いはこれからだ!
 
        この国の空気に・・・戦いを挑む!!

東のエデン 背景

 
 これは何としても次の劇場版第2部-Paradise Lost-を観にいかねば!!


 

 

 
東のエデン テレビ版オープニング 「Falling Down/ Oasis」

テレビ版予告編


劇場版予告編 

at 20:19, クロガネ, TV・映画

comments(0), -

えいがかん に ゆくのじゃ・・・ えいがかんに・・・。

 7月11日 エヴァ新劇場版2.0  
 7月15日 機動戦士ガンダム供^ァ戦士編 (期間限定上映) 
 7月19日 エヴァ新劇場版2.0  
 7月22日 機動戦士ガンダム掘,瓩阿蠅△ぁΡ宙編 (期間限定上映)  

 ↑なんと、めったに映画館に行かない私が今月は4回も!!  

 基本的にとなりに他人が居たり、上映中に物を食っている音を聴くのが大嫌いなので敬遠していたが、人の少ないレイトショーで、上記のような映画であれば全く杞憂だった。  

 いずれの作品においても物を食うことはおろか、ドリンクを飲むことさえ忘れて食い入るように画面を見つめていた。  

 映画好きで有名な江頭2:50がなりを潜めて最低週3日は映画館に行くのも分る気がした。

 
I pray, pray pray to bring near the New Day.




   
 ロボットアニメこそ映画館観るべきだと思った!!

at 23:36, クロガネ, TV・映画

comments(0), -

クマグス

 金曜深夜にやってるクマグスって番組、かなり面白い。

 毎回、ある特定分野を極めた人をゲストにV6のメンバーと語り合う。
 特定分野を極めた人の思いやそれにかける情熱、方法を披露。さらにはV6メンバー込みで皆でやってみようコーナーも面白い!
 
 笑えるだけでなく、世の中にはいろんな人がいるんだなぁ〜とここまで思わせてくれる番組はなかなかない。

 ちなみに昨日は閉店貼り紙のクマグス(達人)が出てた。その前の放送の時は使用済み切手収集クマグスだった。

 いつもバンド練習から帰宅して、一息つきながら観るには絶好の番組!

at 11:44, クロガネ, TV・映画

comments(0), -

映画 スカイ・クロラ

 この前スカイ・クロラ観てきた。

 原作:森博嗣
 監督:押井守
 音楽:川井憲次
 さて、生粋の森博嗣ファンであるクロガネはこれだけで凄く楽しみだった。さらに、監督はイノセンスの押井守。音楽はアヴァロンやイノセンスでおなじみの川井憲次。さて、どんなものかなとワクワクしながら映画館に行った。

 さて、はじまりはじまり。冒頭からマクロスも真っ青の戦闘機の戦闘シーン。もう、この時点で私の脳内BGMはACES HIGHがガンガン流れてたな。

 臨場感とインパクト抜群のオープニングが終わりいよいよ主人公函南が草薙に着任の挨拶をしている途中、ふと映画がブツッ!と音を立てて切れた。

 
 なんと落雷で映画のシステムがダウンしてしまった!!!一瞬他の客も混乱しているとスタッフが大慌てで走ってきて、落雷によるシステムダウンであることと10分ほどで復旧すると言ってすぐに出て行った。仕方が無いのでこれはこれで貴重な経験だと思い、その場で待った。幸い、スタッフの言ったとおり10分ほどで復旧した。

 その後は安定して観れた。盛り上がったテンションが落雷により切れるかと心配したが杞憂だった。すぐに映画の世界にひき込まれた。

 
 最後まで観終わって思ったこと。(以下はクロガネの主観によるもの。あしからず)
 
・戦闘機のドッグファイトは秀逸!これは映画館で見て良かったと思えた。なぜならサラウンドの音により、プロペラの音が後ろから右から上から左から飛行機が飛び交う方向の通りに聞こえてくるので尋常ではない臨場感を味わうことが出来た。

・キャラクターの絵はかなりとっつきにくいだろう。この作品では特に戦わないと生きている実感を持てない人間、ということでのっぺりとしたキャラクターデザインになっている。特に主人公の一人草薙は最後まで顔が恐かった。ヒロインなのに。

・キャラクターボイス(中の人)が俳優やら女優やらその方面では有名は人がたくさん出ていたが、クロガネはそんなことあまり気にしない。キャラクターの声に合っているか、言っていることがちゃんと聞き取れるか、違和感の無いしゃべり方をしているか、それが全てだと思う。そうしてみると、函南や土岐野は違和感無く観れた。また、整備士の笹倉は本職の声優さんだけあって(ハマーン様役の榊原良子さん)圧倒的に説得力の有る声だった。
 さて、気になったのは草薙の声。正直いただけなかった。言っていることが一部不鮮明だったり違和感を感じる部分があった。個人的には林原めぐみさんか、田中敦子さんにやって欲しかったなぁ〜。

・ ストーリーは原作に割りと忠実。実は原作スカイ・クロラシリーズは6巻ぐらい出ている。クロガネはその最初の巻スカイ・クロラのみ原作を読んでこの映画を観た。結果かなり忠実に再現していたと思う。しかし、森博詞氏が伝えたい生きるということの深いテーマがこの2時間弱の映画で表現できていたかは正直悩むところ。なので、あえて原作とは異なる展開にしても良かったかもと思った。
 しかし、生と死は常に隣合っているということは十分に伝わってきた。

 そしてこれだけは言える。この映画は単純に泣ける、感動した、楽しかった、凄かった、というような単純な言葉で語れる映画では決してない、ということだ。
 

 映画を観終わって家に帰って、珈琲でも入れてボーっとしながら少し映画のことを考える。そんな映画だと思う。
 もっかい原作読も。


 

at 00:48, クロガネ, TV・映画

comments(0), -

相棒 -絶体絶命! 東京ビッグシティマラソン 42.195Km-

 相棒観て来た。

 面白かった。
 
 爆発、銃乱射、絶叫、大団円、ハッピーエンド・・・・なハリウッド映画よりよほど楽しめた。

 実際に東京マラソンのとき、コースのすぐ近くが職場だったため、かなり夢中で観てしまった。
 
 他、ツッコミどころはいくつかあるが、それを補ってあまりあるほどの緊張感だった。

 それにしても杉下のメガネは強力だな・・・。

                  相棒 劇場版

---------------------------------------------------------------------------
 映画「相棒 - 劇場版- 」エキストラ撮影レポート3000人の「相棒」ファン、国立競技場に終結!

at 23:43, クロガネ, TV・映画

comments(0), -

スカイ・クロラ

 私が大好きな作家森博嗣の作品スカイ・クロラがあの押井守監督で劇場用アニメ化。

 以前から気になっていたが、ついに公開日程が決定。8月2日。実はこの作品、まだ原作を読んでいない。
 読まずに映画を観ようと思った時期もあったが、やはりこのムービートレーラーを観ると、原作を読んでおくべきかなと思ってしまった。

 いち森博嗣ファンとして、押井守ファンとしても原作を読みたくなった。

 森博嗣はこのブログでも何度か取り上げたことのある、私の大好きな作家だ。某大学建築学部の助教授でありながら模型、飛行機、鉄道非常に多趣味で多彩。そして、勿論小説も独特の雰囲気とセリフまわしで常に読む者を魅了する。メンタルな部分でも私はかなり影響されていると思う。⇒森博嗣の浮遊工作室

 一方、押井守は映画AVALONGHOST IN THE SHELLINNOCENCEの監督だ。これらの映画はその時代の日本のアニメーション技術の最先端を行く映画であったことは間違いない。

 この2大巨匠が描く大作、これが期待せずに居れようか!

THE SKY CRAWLERS


 夏が楽しみだ。

 

at 00:51, クロガネ, TV・映画

comments(0), -

SEX Spirits

 ちょっと感動&考えさせられるな。

 6000人を抱いた男 〜AV男優・加藤鷹〜

 いまや最も有名なAV男優、加藤鷹の仕事に迫るドキュメンタリー。AV業界の裏話、加藤鷹にとってSEXとは?

<以下劇中での加藤鷹語録>
・たかがSEX。 されどSEX。
・SEXとは相手に自分の気持ちを100%ぶつけることだと思う。
・男優や監督の評価は女優さんが収録後に笑って帰るか、へこんで帰るかで決まる。
・マンネリ化なんてありえない。SEXは体、頭、気分のように色々使うから、次にまったく同じ状態になんてなるわけがない。マンネリ化するのは相手をきちんと観察していないだけだと思うな〜。
・今の性教育は字面や結果しか教えてない。肝心の『行為』の部分を教えてない。まるで臭いものにはフタと言わんばかりに・・・。だから答えが何通りにもなって皆迷っちゃう。それにSEXはそんなに臭いものでもないでしょうにね(笑)・・・。

 等々なかなか面白いし学ぶべきところもあった。

at 21:10, クロガネ, TV・映画

comments(0), -